一人でも多くの方に高認(高等学校卒業程度認定試験)の存在を知ってほしい

学校関係者様へ

  • HOME »
  • 学校関係者様へ

受験を希望する学生のいる高校担当者さま

高校在学中でも、高認試験は受験でき、高1、高2などの段階でも、合格した場合、高卒認定資格が与えられます。

お子様自身、さまざまな理由で受験を希望される場合もあるとおもいます。
また、先生がたに、高認の知識があれば、どうしても単位取得できず、やむを得ず留年が確定してしまった生徒さんへおすすめしていただくこともできます。

たとえば、1科目だけすごく苦手で一生懸命がんばっているのに、惜しくも最低ボーダーラインを超えれないで留年をやむをえなくされたお子様や、病欠などの理由でおもうように授業にでれず、留年もしくは退学に追い込まれてしまうお子様などに、ぜひ、知識をもって、先生がたが、生徒さんに、こんな方法があるよ、と、せっかく国が定めたすばらしい制度ですので、すすめてあげてほしいです。

また、海外留学を希望するお子様に、まず1年生で、高認資格を取得させ、2年生3年生で長期留学などをすることで、他校にはない英語力を磨くことができるなど、
学校にも生徒さんにとっても、うまく利用すれば、すばらしい制度であることはまちがいありません。
ぜひ、この制度について知り、学校単位で利用されること、高認という制度の知識を学校関係者さまがもっと深く理解し、世に広まっていくことを願ってます。

また、高2以上のお子様に対しては、
すでに取得されている単位の免除があります。
免除要綱は、文部科学省のHPでも掲載されていますので、
生徒さんから問い合わせされたとき、知識をもって、応対してあげてほしいとおもいます。

免除制度/高卒認定(高認)試験

高等学校卒業程度認定【高卒認定/高認】試験では、一部の受験科目の免除を受けることができます。
免除を受けるための条件と必要な書類,手続き等は以下の通りとなります。

高等学校や高等専門学校で単位を習得している
高校1年次以上を修了した場合、在籍している高校の教育課程や入学年度により違いはありますが、ほとんどの場合、3~7科目が免除となります。

※単位修得証明書の様式は高校の入学年度によって異なります。
※単位修得証明書の様式は高等学校と高等専門学校とで異なります。

文部科学省:高等学校卒業程度認定試験 > 単位修得証明書・単位修得見込証明書様式
⇒ http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shiken/05033001.htm

※上記のリンク先の「単位修得証明書作成にあたっての注意事項」よりご確認ください

全科目が免除で満たされる場合

高等学校卒業程度認定試験【高卒認定試験】の受験科目がすべて免除で満たされる場合は、好きな科目(得意な科目)を1科目以上受験して合格すれば、高卒認定試験の合格者となることができます。受験しない科目については免除申請します。

お子様から、免除申請を依頼された場合、
各種検定合格でも科目免除受けれる場合もありますし、
学校指定履修単位と認定試験の取得単位が異なる場合、少ない取得単位でも
免除対象となる場合もありますので、詳細は必ず
文部科学省にお問合せの上、記載してください。

btm_mailbtm_tel
PAGETOP
Copyright © 「夢・咲」高認合格サポーターズ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.